サイトのテーマ

ザメディアジョングループで働く人、働くことを伝える採用オウンドメディア「オウンド・ザ・メディアジョン」

サイトのテーマ

ザメディアジョングループで働く人、働くことを伝える採用オウンドメディア「オウンド・ザ・メディアジョン」

働くヒト 人財事業[採用コンサルティング]

川﨑竜太 Kawasaki Ryuta

川﨑 竜太

2016年入社/広島県出身/広島大学教育学部卒業

陸上を断念して開けた新たな世界に挑戦

人財マーケティング事業部で、全国の中小企業における新卒採用のお手伝いをするのが私の仕事です。高校時代は陸上選手で、110mハードルのインターハイで3位に入賞。スポーツの実績を評価してくれるAO入試で大学に入りましたが、練習があまりにハードで勉強との両立も難しく、悩んだ末に大学2年の夏に陸上を断念しました。

陸上しかやってこなかった自分が、将来事業を興したり経営者になるなど何か仕事を成し遂げることを目的に就活をした結果、さまざまな企画を形にできるザメディアジョンに入社。経営者の方々と仕事ができることが、私にとっては一番の魅力だと思います。

採用当事者のつもりで学生を支えたい

この仕事を通じて、さまざまな企業を知ることができ、微力ながらその企業の発展に貢献できることにやりがいを感じています。ある意味、就活をする学生の人生も背負っているともいえる仕事であり、入社希望する会社を選ぶ学生の支えにもなりたいのです。

採用のお手伝いをする中小企業の採用担当者というつもりで仕事をしているので、晴れて採用が決まったときは、自社に入社してくれる社員が決まったような喜びや達成感がありますね。責任が大きい分、喜びも大きいです。さらに、採用のサポートを通じていろいろな業界や業種を学ぶことができるのもこの仕事の魅力。経営者の方々との話の中で、中途社員の評価基準や給与などについても勉強になることがあり、将来役立つことも多いと思っています。

温かい社員に囲まれて柔軟な働き方ができる環境

入社4年目になりますが、常に自分らしく仕事ができていることを実感しています。それは、上司や先輩社員がいつも温かい目で私を受け入れてくれているからであり、社内の人間関係で悩んだことは一度もありません。私の仕事は年間スケジュールがほとんどお客様次第ということもあり、配属先や勤務日などある程度希望が聞き入れてもらえ、働き方に柔軟性をもたせてくれているので働きやすいです。

また、社員の誕生月と前後1ヵ月は家族で食事に行く際に1万円が支給、入社直後のGWに初任給で家族にプレゼントや食事をする目的で交通費が支給されるなど、「ご縁と感謝の経営」という会社の方針に基づいた社内制度が設けられているのもありがたいですね。

熱意が通じて初契約、高まった仕事への自信

入社1年目に、電話で初めて訪問のアポイントを取ったのですが、社長さんに当日ものすごい雷雨の中訪問したことをまず褒められ、朝4時まで夜通しで作成した提案書が採用されて数百万円の契約をいただいたことが今も印象に残っています。その社長さんとは、息子さんとも一緒に日本百名山の一つ、甲斐駒ヶ岳での登山を経験したことで、お互いの距離がぐっと近くなったように感じました。

その後、新卒採用も計画通り着実にできたことは仕事に対する自信につながり、この仕事をこれからもやっていけるという手応えを感じることができたと思います。

地元・広島の若者を活性化し、将来は事業を興したい

就活当時は、「ゆくゆくは経営者になりたい」と思っていたこともありましたが、新卒採用のサポートをしていく中で、会社を設立してそれを存続させていくことがいかに大変かということを知りました。よって、会社という形式にこだわることなく、どんな形であれ、いつか自分で事業を手がけたいという思いは持ち続けながら、今は広島出身者の一人として、広島に就職する若者や働いている若い人たちを活性化できるようなお手伝いができたらと考えています。

当社は今のところ出版社のイメージが強いのですが、今私がしているような若い人向けの仕事に力を入れていることも広く知ってもらえるよう、今まで以上に努力していきたいと思っています。若者に影響が与えられるような仕事を、もっと手がけていきたいですね。